パーキンソンの症状と予防措置について

パーキンソン病では、主に、手足がふるえる(振戦)、動きが遅くなる(無動)、筋肉が硬くなる(固縮)、体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)、といった症状がみられます。これらによって、顔の表情の乏しさ、小声、小書字、屈曲姿勢、小股・突進歩行など、いわゆるパーキンソン症状といわれる運動症状が生じます。

また、パーキンソン病では、運動症状以外にも、便秘や頻尿などの自律神経の症状、不眠などの睡眠障害、うつ症状などの精神症状、認知機能障害などがみられることがわかっています。これらを非運動症状と呼びます。うつ症状は患者さんの約半数にその傾向があるといわれていて、患者さん自身や家族の方も気づかないことの多い症状です。認知症は病気が進行すると約2割の方にみられます。非運動症状は、患者さんやご家族と医師との間に、意志の疎通がよくとれていて、はじめて気づかれる症状です。

パーキンソン症候群の原因によって、薬剤性パーキンソニズム、脳血管障害性パーキンソニズムに分けられます。薬剤性パーキンソニズムは、薬剤の作用、副作用によりドーパミン受容体遮断が起こります。原因がはっきりしているので、パーキンソン症候群のなかでも完治することが可能です。

脳血管障害性パーキンソニズムは、脳梗塞、脳卒中など脳血管障害の後遺症として発症します。脳血管障害の発生部位によって症状が異なります。脳の血管の異常がはっきりと認められるため、パーキンソン病と区別できます。その他、パーキンソン病と同じく原因がはっきりしない神経変性疾患もあります。

パーキンソン症候群は、疾患により予防方法はさまざまです。脳血管障害性パーキンソニズムは、脳血栓や脳梗塞、脳卒中といった疾患が原因となるため、生活習慣や食生活に注意し、これらを引き起こさないようにすることが大切です。

薬剤性パーキンソニズムは抗精神病薬の副作用が原因になることはよく知られています。比較的副作用の少ない薬剤を使用したり、抗コリン薬やアマンタジンを併用するなどの予防措置がとられることもあります。