冬の性伝播疾病長距離訓練は先に予熱しなければならない

ちょっと出かけてすぐ走って、実はこのようによくない.まず顔をこすり揉み手と、軽い2耳介、手袋着用を防ぐため、凍傷.またそれぞれ足腕、活動膝関節
蒙古金丹.最後に,一気に一気に、心理的な感情を調整します.その時、あなたはスタートすることができます.正しい方法スタート後少し目の高さが同じ前傾上半身、両目に従って,性伝播疾病、両腕に走るリズム自然スイング、つま先ならないでまっすぐ前を向き、形成八の字の、後をする有力着地するなめらかで、アクションはリラックスして.マラソンの足の着地モーションは2種類の1種の足は半張りや足の裏の外側に.この方法は速度が速い、効果は良いが、きつい.それには成績を高めるのプロスポーツ選手の別の1種のは全足の裏に半張りに移行を.この方法、足の後ろ筋肉は比較的にリラックスして、走って省力て省力て、しかし速度は遅い、大多数人と初心者に適して、ふだんフィットネスはとても適している.長距離競走の呼吸は重要な長距離は酸素代謝運動に属して、人体の各大器官の循環、特に呼吸システム.走る過程で、人体は酸素の需要量は絶えず増加して、だからとても良く呼吸リズムに注意して.普通の情況の下で、二歩一吸や三歩一吸、注意リズム起伏しない.吸気方式を採用するべきで、鼻呼吸口や鼻を吸うと混合使用舌を食い止める上あごを回避し、寒い空気が大量による直接吸入はおっぱい刺激.長距離レースでは、酸素の供給に後れて筋肉の活動が必要で、だから、走っての過程で発生する不適応の現象を感じさせる足重く、胸発つまらなくて、呼吸困難やたくない走り続ける.そのとき、適度に走り、呼吸のリズムを調節し、走り続ける決意を.やがて、困難は克服することができる.走った後の活動とリラックスして多くの人が1走ったすぐ帰って休みに帰って、実はこのようによくない.ジョギング後,人体は全身で活動を得て、この時、いっそう基礎素質をしっかりと鍛えて、良いフィットネスの効果を得ることができます.この時、一セットのラジオ体操、することもでき压腿、キック、クロスとび、縦跳び触るチンチンと高く、高抬足练習、下肢の力向上発展と持久力.練習が終わってから、休みをしないで.場所が飛び跳ねてキック、注意全身はリラックスして、自然の2つの両腕に震えて足を前後左右に動かして交代自然.そして、膝がつきもの、両手に拳や刀の形、捶打太ももと小腿肚、筋肉に十分リラックス.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です