冬の性伝播疾病5大敏感区は女性が最も完璧な入浴方式を洗うのはどの女性が最も良い入浴方式

あそこのばつが悪い女にとってはいつもの越え難い問題、冬は気温が低い、風呂の面倒も起こってくる、とストレス反応闘い続けて一生懸命清潔、やはりだけ逃げ洗い流して急速に、これは一つの問題、体の敏感な部分を洗って、必ずしもあなたは本当によくわかる!

敏感部位1―乳頭:

敏感部位1――乳頭:Pは、温水で乳頭を洗いますが、乳房を守ることに注意します.大きくて、乳房と乳頭、力を入れてはいけなくて、力を入れることができなくて,1手の上で軽くして乳房を軽くするべきで、もう1指の指の腹は時計回り方向軽くこすって.妊婦は混浴後に、オリーブオイルを塗って、乳房の皮膚に潤いを与えて、靭性、分娩後に赤ちゃんに耐えられ、乳頭皸が発生しやすくなります.

敏感部位2――会陰:

敏感部位2――会陰

会陰部のクリーンには非常に重要なことは、毎日水で洗い流して、直ちに取り除く排泄物、分泌物、もしくは性質の柔らかなヘアケア用品洗浄.女性は入浴時に、そのサイズの陰唇を離れ、その後洗浄分泌物;男性はペニスの包皮を軽く押すと後ろ押し、清水で包皮を洗う.大便の後には、肛門、肛門のギャザーの中の汚物を洗い、痔を有効に予防することができる.

は敏感部位3――鼠蹊:

は敏感部位ですシャワーの時は温水で鼠蹊、2個指で腹を下から撫す鼠蹊鼠蹊.肥満者はよく揉み洗いをしゅう曲.

また、これらの部位で揉み洗い垢すりタオルないほうがいい,柔らかい浴綿の代わりに使用.

敏感部位4——頚部、耳後

は敏感部位です頚部、耳の後は汚れやすい部位で、清潔な人は常に力ん,性伝播疾病、頚部が小さくなりやすい糸状イボ、破れて破れ、いったん破れ、感染症になります.応用指は腹が軽くしてきてから揉まに戻ってくる.

ヒント:洗ってシャワーが水温過小、人体が寒くて、一連のストレスなどが生じ、動悸が速く、血圧が高くなる、筋肉の収縮神経緊張しないばかりか、など、疲労を取り除いて、かぜをひきやすい、極力避け.女性はその特殊な生理のため、特に月経期で、授乳中の方は、妊娠中の女性の友人は、水のように刺激は女性の内分泌、閉経、腹痛、そして多くの細菌も入って腟による膣炎などの婦人科疾患、深刻な女性から妊娠、生理健康にも一定の影響がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です