桃仁の性伝播疾病食べ方桃仁回復湯治老人性痴呆

桃仁の食べ方は、仁の食用方法、仁の効果と作用、次小編を紹介します.桃仁性の甘平、味の苦しみに、肺、肝臓、大腸;破れ血の行恥ずかしい、潤の乾燥している滑り腸の効果;治月経閉止、月経困難症、瘕瘕脾臓腫大症、打撲、腸の乾燥している便秘.

《本草綱目》:偏クルミ出ペルシャ,性伝播疾病、形は薄くして鋭く、頭に偏り、よう半、その仁新羅松子に酷似している、食、性熱.

1つの夜は1粒、蜜を塗って、1つの手をかむ.」

【処方」桃仁じゅうグラム、生大黄じゅうグラム、甘草ろくグラム、元明粉じゅうグラム(分衝)、桂枝じゅうグラム、竜骨さんじゅうグラム(先に焼き)、雄のレイトンさんじゅうグラムまず焼き)、朱ブクシンボクじゅうごグラム、菖蒲じゅうグラム,オンジじゅうグラム、ムカデに条

P使い方水ソテー.

「機能を恥ずかしい寧神し、脳に納得がいく.

に主治医高齢性痴呆.

【説明】本側は桃仁承ガス攻を鬱血;竜骨、カキ、朱ブクシンボク要衝を鎮めて;菖蒲、オンジ納得がいく覚醒;ムカデにも佐桃仁承ガス搜風を恥ずかしいが、また助竜骨、カキ、ブクシンボク風を取り除く鎮驚.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です