親子釣り

親子釣り作文

私は日曜日、日光は美しく、本当に釣りの良い天気で、私と父は村の南の小川の塘に釣りに行きました.

私たちました漁師のお父さんを一本の竿を私は俊延ね今日の試合、釣り、良いですか?

誰が誰にも恐れて.」自信を持って.そう言って私は忙しくて、しばらくミミズ、しばらく浮標、ついに適切に手配した.スー――」と声を渔线トスに漁塘.

P、突然、突然、浮標を発見し、私は興奮して立ち上がった、見る、見てみたい!また瀋て、竿になって!私はマンハッタンに釣り竿を言って、はい!1匹のモーモを釣った.私はまたいいミミズを渔线トス入川で、しかし待ってたのに、少しもへこたれない話題は、ちょっとした.お父さんは続けざまに3匹の魚を釣った.お父さんはうかがえた私の考え事が、私を慰めて、「俊延、何事も我慢が必要で、「子猫釣りこの本文はあなたに習ったでしょう.」お父さん、私は分かった..そこで私は静心、気長などの魚が釣れ.言っても、しばらくフロートがしきりにうなずいた、私もしきりに竿釣り起勁し、もっともっと、一つ、二つ……大豊作!午前中の時間、私は6匹の小魚を釣れ、1匹の魚を1匹釣った.お父さんは5匹の小魚を釣って、4匹の大魚.よ!バケツは小さな池になってしまった!私たちは短調を口ずさんて、喜喜と家へ歩いて行った.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です