車椅子と伍脊椎変性伝播疾病形SMA肺炎+腰痛に伴う

では台灣、脊髄性筋萎縮症(SMA)は国内だけは海洋性貧血、第2位の一般の遺伝病.病気で背骨の前に角運動神経が次第に退化して、筋肉に無力に弛みなく、下肢の通常より深刻に上肢、患者の歩行ができない.SMA神経退化依深刻度分類高雄医学大学付設病院整形外科部長田英俊表示にしたがって、SMA年齢と病気の深刻さ3タイプに分けることができます、深刻な型の患者が生後六ヶ月内に発症し,四肢や胴が深刻な無力され、嚥下や呼吸困難、普通は2歳前による呼吸不全で死亡.中程度の型の患者は生後六ヶ月から1歳半の間に発症し、患者は通常立てないと歩いて、一生車椅子で必要と強調、患者の多くは生きているから成年、少数は子ども期可能、呼吸器感染で死亡.軽度型の患者は1歳半~成年にも発病可能、軽度,対称の肢体が主な症状になって、ジョギング、ジャンプ及び上下階段では不便.涙に車椅子と伍病友脊柱変形田英俊医師は説明する、この種類の病気、下肢筋力低下、ほとんどの患者が車椅子の活動が、筋肉の萎縮は胴て長い時間座って、背骨まで支えて、多くの病気の脊椎発生変形.による外来を発見して、涙の上に座って筋しぼむ症患者にいったん起こった脊柱側彎、その変形は月平均約に度の速度が変形.脊椎変形肺活量がよくによる肺炎現在にも客制化の車椅子や背負子助け解緩悪化テンポが、医師によると、車椅子を利用しないと背負子予防や中止変形の悪化につれて曲げ角度侧の進展は、患者に二大症状―腰痛、肺活量を下げるの運命.医師は説明する、腰痛は、背骨の角度につれて変形角度はますます激しくなってきているが、研究によれば、それぞれ10度の脊柱側灣は4%減の肺活量、肺活量の低下たんの能力も低く、それから病童よく風邪のため誘導体を肺炎、入院常態.手術二大問題改善病童入院率低下ななしち割の有無を緩和するこれらの方法を苦しめるの?医師の話では、手術を改善すると肺活量腰痛低下問題は,性伝播疾病、小さな病童を例にさえ病友に座ることができてとてもと座って長くて、統計によると、小病童の授業時間数がろく時間、病童手術前に肺活量平均毎年減少2 . 4%、手術後の肺活量だけでなく、むしろ増加して漸減0.71%、しかも肺活量の維持または増加、たん能力も増え、だから大きく減少肺炎の発生の確率は70%、病童さらにめっきり減った入院の週波数.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です