防春季の性伝播疾病多い発症板藍根が給力

漢方医は、板藍根味の苦しみ、性は冷たくて、心に入る、胃、肺经、抗菌、抗ウィルスなどの作用、予防春に多い病気とよくある病気の保健の効果は比較的に良くて.

インフルエンザの流行期、流行は流行にはどうするか、2つの風邪の方がある:

方:板藍根、大青叶各さんじゅうグラム、水500ミリリットル焼きから200ミリリットル、毎回よんじゅうミリリットル、毎日分さん度着終わって、しかし予防と治療のインフルエンザ.

方二:贯众、板藍根各じゅうごグラム、甘草ろくグラムで、湯醸造代茶は、インフルエンザの流行期服、毎日いち剤、抗ウイルス作用が強い、熱を下げて利咽風を取り除く.

Pはお耳下腺炎の方:

方:板藍根じゅうグラム、銀花じゅうにグラム、水にじゅう分煮て、かすと米をごじゅうグラム粥を煮る、適量の砂糖、解熱解毒、散らす.お耳下腺炎に適して赤く腫れた赤ちゃん.

p>方二:<を板藍根さんじゅうグラム、野生菊ごグラム、スイカズラじゅうグラム、焼き代茶.

Pアカメ病療法:を蒲公英、板藍根各きゅう、くグラム、野生菊ろくグラム、オウレンさんグラム、水適量を加えて炒めて煮ましから沸いて、先にスモーク後洗を3~4回に利益があって、毎日、速度を緩めるねたみ病症状.

板藍根治平たいいぼ食療の方:

毎日取ひゃくグラムハトムギ、粥を煮て食べる;あるいはハトムギ、大青叶、板藍根各さんじゅうグラム、煎茶水内服外洗って、機体の免疫力を高めることができて、元気になった、いぼがなくなった!

(実習編集:叶性伝播疾病洁斯)

       ;;;       ;;;       ;;;    <時>保健一周热文推薦   

·人体にあるまじき音:しゃっくりを·春季の養生妙方女より健康

·左目ジャンプ財右目跳び災顔面神経の祟り ·若いうちにいろいろ気をつけて現代過労死

·病気の時に目を じゅう種の信号  ·;;じゅうろくの生活習慣がもっと若い

·九大信号暗示隠し体の疾病 ·.寝る前にお湯の入浴を洗って何の危害があり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です