4種の性伝播疾病おつまみ最も傷肝春一番养肝食物

春は最も適当に肝臓の季節、漢方医は、四季の中で、春属木で、人体の五臓に肝も木性ので、春の息通肝、春も一番使い易い肝旺.では、春,性伝播疾病、いかに食調理飼って肝臓に良いですか?以下の食品は肝臓で食べて1、ニンジンを食べることができなくて、ニンジンは肝臓の酵素の作用のもとで、有毒物質を生成する、健康に危害を与える.に、ところてん:その加工過程の中に適量の明礬、ミョウバンは速度を緩める胃の作用で、佐酒ところてんは延長アルコール胃腸での滯在時間、そこが人体にアルコールの吸収、同時にも増えたアルコールは胃腸の刺激を緩めた、血流速度が延長アルコール血液中の滯在時間を保ちながら、酒、健康を害する.薫さん、ワックス食品:そのを含むがニトロソアミンと色素、アルコールと反応するだけではなく、傷肝、しかも損害口腔粘膜や食道と胃腸、また発ガン.4,バーベキュー:多くの人は親しい友人と大きい屋台の集まり、お酒を飲みながら、焼き串を食べ、楽しみにしている.しかし、飲酒時に焼き食品で酒肴をし、これは健康に不利になっています.バーベキューの過程の中で、食品だけでなくでタンパク質の利用率が下がり、また発生発ガン物質ベンゾピレン.また、肉の中の核酸は加熱分解の遺伝子変異物質が、がんの発生につながる可能性があり、また、がんの発生.飲酒が多いと血が鉛が高くなり、食品中の上記物質が結合すると消化管腫瘍.また、夏には酒の飲み量が大きく、この病気の確率が高く,夏にはもっと高く.これらの食品を食べてやっと养肝春スイーツで食べ物を食べなければならなくて、内臓を強くする胃のガス:たとえば大きいナツメ、性味平と、滋養血、強健好みの両方を生で食べるのもし、棗のかゆ、枣糕や、棗ご飯.山芋も春の飲食の上物で、内臓を強くする益の息、滋賀肺養陰、腎臓を補って固精の役割.山芋はやまいものあめをすること、山芋、一品山芋、水晶の山药球などのテンサイで、またすることなく、山芋ケーキ、山芋豆サンドバッグ、山芋氷糖葫芦、山芋胡麻餅などの鋭い風味スナック、山芋、山芋ナツメ粥粥する.もっと野菜を食べる:た冬の後、人々が普遍的な現れて多種のビタミンと微量元素、無機塩の摂取不足の場合は、人々のような春の多発口内炎、口角炎、舌炎と特定の皮膚病など、いずれもが新鮮な野菜を食べるのが少ないことが原因で栄養失調.そこで、春が来ると、必ず野菜をたくさん食べて.早春の季節、新鮮な野菜が少なく、冬は冷蔵、乾制、塩漬、味噌漬けの野菜が大派になる.大根、姜、タマネギ、カラシナ、唐辛子、ザーサイなど.春はたくさん食べて野菜:野菜の生育郊外で、汚染は少なくて、しかもが法を食べるのは簡単ですが、おひたし、清炒め、スープを作って、作餡、栄養が豊富で、保健の機能が著しく、例えばナズナ、スベリヒユ、薄公英、オオバコ、榆钱、タケノコなど.今は春の新鮮野菜供給が少ない状況を変えて野菜がだんだん変わっていく.生活に便利なところで、新鮮野菜はいつでも食べられます.ホウレンソウ、セロリ、菜の花、真菰、レタス、チャンチン、インゲン豆など.春のスープ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です